installation, project

Thinking about infinity 2016

project details
  • date 15.05.2016
  • images by nakamae.h

海老済という里山を守るように立っている棒賀神社の神聖な場に惹かれ、最もサイトスペシフィック(特別な場)な発想、手法が問われた。無限は本来、 視覚化できるものではないが、無限記号を境内に浮かび上がらせるコトで、神聖な場を”新たな特別な場”に変換し、 ここに流れる時間、空間、人々、祈り、生活を考え、感じる場になればと思っている。無限記号は、昼間は太陽の光を蓄光し、夜間は、青白くささやかに光る。このプロジェクトは、何を表現しているかより、何を感じ、何を考えるかが重要である。

プロジェクトの実施において協力していただいた関係者の方全てに感謝いたします。(Nakamae.h)

KAGAWA YAMANAMI Arts Festival 2016
Setouchi Triennale 2016 Collaborative Projects
— second session —
ONOHARA Area:May/15(sat) – 29(sun)
Theme of the area:” Person, Ravine, Riverbasin
place:BOUGA Shinto shrine (Ebisukui Onohara Kanonji-shi Kagawa Japan
artist : Hirofumi Nakamae
title : Thinking about Infinity 2016
about : An infinite symbol of this installation work absorbs light in the sun in the daytime and after that, shines palely in night.

" Thinking about Infinity 2016 " artist :Hirofumi Nakamae from Hirofumi Nakamae on Vimeo.